2017年5月18日木曜日

「河」の活動がNHKで放映されるそうです

5月20日土 朝7:30〜

土曜プラスのなかで

劇団「河」の様子が放映されるらしい。

ぜひ、チェックしてください。

2017年5月14日日曜日

5月恒例!高文連上川支部合同公演 劇団氷点華公演です

五月と言えば、高文連上川支部合同公演です。
旭アマチュア劇団に所属している方々も、
懐かしい青春時代(甘い方も、苦い方も)
懐かしい
あの季節
もっとも、私の時は、「氷点下」でなくて、
「樹氷」だった
とお嘆きなあなたも、
ぜひ観に行きましょう!!!

「 K 」


以下チラシと、とっても美しいポスターを添付します。




劇団氷点華について


 氷点華は旭川市内の高校の演劇部10校が年に1度集まり一緒に舞台を創り上げ るために活動しています。この合同公演では高校の枠に留まらず、各校の仲間と楽 しく一生懸命に活動しています。


氷点華の歴史


  上川支部の演劇部は1980年代から「樹氷」という名前で合同公演を行ってい
ましたが、2004年で解散してしまいました。2008年秋、合同公演を復活さ
せたいという声が上がり、「劇団氷点華」として復活しました。
今年で10回目となる本公演、市内高校計10校の演劇部・同好会が力をあわせ て公演に向けて活動中です。
 これまで、多くの方々に支えられてここまでがんばってきました。 


これからも応援をよろしくお願いします!


これまでの公演記録 作品名 作者


1 2008年 最終試験場の9人 畑澤 聖悟
2
2009年 へなちょこビーナス 高橋いさを・小田玲奈・中尾知代 3 2010年 オイディプス 岡谷南高校演劇部
4
2011年 生徒総会 畑澤 聖悟
5
2012年 塩原町長選挙 山形南高校映画演劇研究部
6
2013年 人形館 渡辺 茂
7
2014年 往生要集 にへいこういち
8
2015年 ブンナよ木からおりてこい 小松幹生(原作 水上 勉)
9
2016年 やっぱりパパイヤ 阿部 順 


「K」


ホームページ 氷点華
ブログ 氷点華ぶろぐ

2017年5月9日火曜日

更新情報 5月9日(火)


1 「5・6・7月の演劇」に、劇団 河 と、劇団ソライロ の情報を追加しました。

2 劇団ソライロ『スッポンドール』の情報をアップしました。

以上。



劇団ソライロの「練庵」1st 公演が決まりました

『スッポンドール』

 

劇団ソライロ 1st 「練庵」公演 
                    作・演出 隅田健太郎



出演  金子 達夢
   斎藤 順子
    寺山 うてな
          長谷 周作
    隅田 健太郎

 

この記事は、斉藤順子さんからの情報によるものです。
まもなく本チラシが出来上がるそうです。届いたらすぐに交換します。

本チラシは後日です

6月16日(金)   19:30 公開ゲネプロ
     17日(土)  ①13:00〜
         ②18:00〜
   18日(日)   13:00〜

前売 ¥1,500  当日 ¥1,800 公開ゲネプロ ¥1,000
場所 旭川市2・3仲通り9丁目 山口ビル2F 「練庵」
問い合わせ 070-5603-3677(隅田) sorairo.ticket@gmail.com


「練庵」での公演を私は初めて観にゆくことになります。楽しみです。しかし、名寄のSWANK企画の公演『日本の大人』と重なってしまい、ハードな週になりそうです。

観るべき芝居がなにもないよりは、ずっといいのですが・・・。

2017年5月2日火曜日

「河」の公演日程が決定 7/14〜16(金・土・日)

『詩と劇に架橋する十三章』仮チラシです


まだ。仮のチラシです。


 ぶらりと今日「まちなかぶんか小屋」に寄ったら、劇団「河」、7月公演の仮チラシを発見しました。先ほど届いたばかりと言うことでした。
 ついに現実のものとなって私たちの前に「現れた」という気がします。
 稽古を観ているのですが、なんだかまだ夢のようだったのです。
 しかし、

これは現実です
本番が無茶苦茶楽しみ


 その前に、

①『言葉が鍛えられる場所』平川克美 著


を読み直そうかな、なんて考えています。

 その前に

②『”あの日たちへ”』那須敦志 著



が先かな?

①は、現代詩に関する本です
②は、「河」の歴史が書かれています。






2017年4月28日金曜日

5・6・7月の演劇について

5・6・7月の演劇

なんだか不思議なラインナップです

大型連休に入ります。連休中はみなさまご多忙なことでしょう。そこで、連休明けからの旭川地域の演劇情報をお送りします。

《 5月の演劇 》


1 『Be My Baby いとしのベイビー』 加藤謙一事務所


5月10日(水) 18:30〜
   11日(木) 13:30〜
料金;市民劇場に入会 入会金¥2,000+月会費¥2,500
@旭川市公会堂
問い合わせ 旭川市民劇場 0166-23-1655


2 『超訳 薔薇戦争』 楠美津香


5月11日(木) 18:30〜 『リチャード二世』
5月12日(金) 18:30〜 『ヘンリー四世』
5月13日(土) 18:30〜 『ヘンリー五世』
1公演 ¥2,000
3公演 ¥5,000
パスポート ¥11,000 全公演フリーパス・新 家系図手ぬぐい付
@まちなかぶんか小屋 7条7丁目買物公園
問い合わせ まちなかぶんか小屋 0166-23-2801
      川谷大道具 0166-63-3629


3 『K』高文連上川支部合同公演 劇団 氷点華




5月27日(土) 17:30 開場  18:00 開演
料金 ¥500(小学生以下は無料)
@旭川公会堂
ホームページ 氷点華
ブログ 氷点華ぶろぐ


《 6月の演劇 》

1 『日本の大人』 SWANK 企画


6月17日(土) 19:00 開演 開場は30分前
6月18日(日) 16:00 開演   〃
前売り 一般 ¥1,000 当日 ¥1,500
    学生  ¥500  当日  ¥700
@名寄市民文化センター/EN-RAYホール
問い合わせ EN-RAYホールチケットセンター 01654-3-3333



2 『スッポンドール』 劇団ソライロ 1st 「練庵」公演 

                    作・演出 隅田健太郎


6月16日(金)   19:30 公開ゲネプロ
     17日(土)  ①13:00〜
         ②18:00〜
   18日(日)   13:00〜

前売 ¥1,500  当日 ¥1,800 公開ゲネプロ ¥1,000
場所 旭川市2・3仲通り9丁目 山口ビル2F 「練庵」

仮チラシです。本チラシが出たら交換します。


《 7月の演劇 》


1 『詩と劇に架橋する十三章』 劇団 河


7月14日(金) 開演 19:00〜
   15日(土)    14:00〜
   16日(日)    13:00〜
               開場は開演30分前です

 料金  大 人     前売 ¥1,500  当日 ¥1,800
    高校生以下    前売 ¥1,000  当日 ¥1,200
    小学生以下    無料
 

 場所  市民活動交流センター CoCoDe 0166-74-4151
     旭川市宮前1条3丁目3番30号

 お問い合わせ  0166-84-5015 / 090-8274-1604(豊島)

 チケット取り扱い こども冨貴堂 まちなかぶんか小屋、ジュンク堂、FMリベール


                     

2017年4月27日木曜日

劇団 「河」の稽古を観てきました。

『詩と劇に架橋する十三章』

塔崎健二(故人) 作

2017年(平成29)6月上演予定

 稽古が旭川中央公民館で行われているのを知り、さっそく、4月23日(日)に見学してきました。入った瞬間、あの荒々しくもあり、時に繊細な、懐かしい台詞と詩句が、私の心を捕まえました。

左から2番目が豊島勉さん、その右に星由美子さん、お二人とも”熱い!”

真摯に取り組む役者のみなさん


気になる内容を劇団「河」HPより転記します。


◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

小熊秀雄童話集を軸とし、吉増剛造佐藤春夫吉本隆明他6篇の詩をコラージュしたものです。美しい言葉の詩ばかりです。ただ読むだけではなく、生身の声と体を使い、演劇的な想像力の世界を手作業によって作り上げていきたいと考えています。

   ◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

以下、私の感想です。

 昭和生まれとしては、興味が湧かないわけがないといった内容です。台詞の中に懐かしい、そしてあの時代をみごとに抉り取った詩句がちりばめられています。それだけでも、グッときます。
 もし、関心があるならば上記の詩人の詩を直接読んでみるといいのですが、若い方々には取っ付きづらいかもしれません。
その際は、
平川克美氏の『言葉が鍛えられる場所』(大和書房) ¥1,500+税、




を読むといいでしょう。あの時代の空気を感じることができます。

 豊島勉氏、星由美子氏がみっちりと熱い演出をされていて、否が応でも期待が高まりました。はやく詳細が知りたいですね。